この記事をシェア

感情と論理。

March 20, 2016

 感情的な人間と論理的な人間が対立したとき、当たり前だけど感情的な人間は感情的にものを言う。論理的な人間は「あぁ、この人に何を言っても、今は否定的にしか捉えられないな」と思って沈黙する。周りから見れば感情的な人のほうが強く見える。黙ってしまった人は、周りからは何も考えてないように見える。考えがないから黙ってしまったのだと思う。だから、感情的な人間と、論理的な人間が対立したとき、感情的な人間のほうが意見が通りやすい。

 

 だけど感情的な人は孤立しやすい。周りの人間は、「あんな感情を自分にぶつけられたくない」と思い、距離を置くか、媚びるかの二極に分かれる。一見周りに人がいるので、孤独ではないように見えるけど、媚びる人間は自分に感情の刃を向けられたり、自分に不都合な場面に直面すると、簡単に対人関係を切る。

 

 一方、論理的な人間は、周りからの好き嫌いははっきり分かれるけど、孤立する場面は少ない。例え少数でも、論理がしっかりしていれば必ず支持者が現れる。

 どっちが幸せな人生だろう。「意見は通るが、孤立する人生」と「孤立とは無縁だけど、感情だけでねじ伏せられる人生」。

 僕はどっちも嫌だな。

 多分、最強は「人の感情を汲み取った上で、論理的な会話ができる人」なんだと思う。そしてそういう人は、何故か論理的な人からしか生まれない。

 あぁそうか。論理というのは他者からの共感を得るためのものであって、その存在自体が他者への配慮なんだ。


Facebook, Twitter フォロー大歓迎です。

 

Please reload

人気の記事

ハラスメントの構造と対策について。

October 27, 2018

1/7
Please reload

最新記事