この記事をシェア

「会いに来てくれる漫画家」始めました。

May 4, 2016

 お笑い芸人・キングコングの西野さんが、「AKBが『会いに行けるアイドル』なら、自分は『会いに来てくれる芸人』だ。」と言って、チケットを手売りしてるのはご存知の方も多いと思いますが、そのアイデア「超いい!」と思ったので、丸パクリさせて下さい(笑)

 

 

 

 

 というわけで、需要があるかどうかわかりませんが、「会いに来てくれる漫画家」始めました。

 

 

 

 

 僕はまだ、単行本など、手売りできるものがないので、ただの親睦目的等でも構いません。会って話したい方、HPのcontactや、ツイッターやフェイスブックのメッセージからご連絡下さい。

 

 前回のブログで記述したように、僕は人に会う事が自分の成長に繋がると思っています。

 

 現在、東京寄りの川崎に住んでるんですが、電車で(新幹線は除く)片道1時間ぐらいの場所なら、仕事依頼等ではない限り、タダで何処にでも行きます(それより遠方の場合は応相談)。ちなみに僕は神戸出身なので、帰省のタイミングに合わせて頂けるなら、兵庫、大阪、京都、滋賀あたりなら、やはりタダで会いに行きます。取材で、その他の地域に行くこともあるので、タイミングが合えば、その場合もタダで会いに行きます。

 

 さらに言えば、もし交通費を出してもらえるなら、取材以外の時でも日本全国、いや、世界各国何処へでも行きます。

 

 

 

 

 メディアへの出演依頼も、本業がよっぽど忙しくない限りは断りません。

 

 

 

 

 今までの漫画家は、漫画に専念するあまり、読者との交流やメディア出演が、ほとんどありませんでした。以前から自分は「それってどうなのよ?」って思っていて。漫画作品自体も、雑誌に載るだけで、あんまり宣伝されてないですよね。もっとテレビとか、ネット、電車の中吊りとかでバンバン宣伝すればいいのに。何で漫画業界は、販売促進にもっと力を入れないのでしょうか。予算の問題なんでしょうか。

 

 事情はよくわかりませんが、僕は自分自身が広告媒体となって、どんどんいろんな人と交流を持っていく所存です。

 

 会って話したい方、メディアの出演依頼等、眞蔵修平に興味のある方、ご連絡下さい。

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

元教師が描く、教育現場のリアル!!

『静寂の音』Galleryにて公開中です。

 

FacebookTwitter フォロー大歓迎です。

 

 

Please reload

人気の記事

ハラスメントの構造と対策について。

October 27, 2018

1/7
Please reload

最新記事