この記事をシェア

嫌いな人、苦手な人。

May 6, 2016

 昨日のブログの続きです。

 

 さて、「好き嫌いの克服」と言えば、人間関係でも言えることで、やっぱり嫌いな人を「嫌いな人」と思い込んで、そこから思考停止してしまってる人ってかなり多いと思うんです(もちろん僕も例外じゃありません)。例えば、僕は厳しい人が苦手だったりするんですけど、世の中には厳しくされた方が伸びる人もいるわけで、やっぱりこの場合も、自分にとって短所に見えるところが、他の人にとっての長所なんですよね。

 

 人間関係が食べ物と違うところは、自分の成長にもろに影響するところで、合わない人に近付きすぎると、自分の成長を阻害されてしまうというリスクがどうしても生じます(例えば自由にやりたい人が、厳しい人に近付いても成長できないし、厳しくされないとダメな人に、「自由にやれ」って言ってもやっぱり成長できません)。

 

 

 

 

 じゃあ、嫌いな人をどうやって克服するかというと、単純に距離の取り方の問題じゃないでしょうか。

 

 

 

 

 いや、ホント僕、滅多に公教育に物申すことってないんですが(大嘘 笑)、これだけは言わせて下さい。

 

 

 みんな仲良くしなきゃいけないなんて、やっぱ嘘ですよね。

 

 

 多分、昔の人は考えたんですよ。戦争をなくすにはどうすればいいか。「みんな仲良くなっちゃえば、全部解決するんじゃね?」って。いやはや、何とも短絡的な。まぁ自分もずっと信じていたから笑えないんだけど、よくよく考えれば、仲良くしようとするから戦争が起こるわけで。

 

 仲良くしなければならない→仲良くするには価値観の一致が必要だ→あいつとは価値観が合わない→仲良くするためには、あいつがこちらの価値観に合わせる必要がある(何故なら俺は間違っていないから)→価値観を合わせようとしないってことは、あいつには仲良くしようという意思がない→人は仲良くしなければならないはずだ→それを拒む以上、俺にはあいつを攻撃する権利がある

 

 お互いに、同じことを思ってるわけです。いや、まだ相手を攻撃する人はいいですよ。中には自分を責める人もたくさんいて、そういう人がどんどん鬱になっていくんです。

 

 

 

 こういうことを考えると、世の中がイス取りゲームのように思えてきます。幸せになるためのイスがいくつかあって、そこに座れた人の価値観が正義、座れなかった人の価値観が悪。「正義と悪」ではなく、「正常と異常」と言ってもいいかもしれません。自分の価値観が正しいことを証明するためには、自分の価値観と相反する人を、押しのけなければなりません。自分が正しい、自分こそが正義だと叫び、他人を押しのけて、ようやく幸せのイスに座ることができるのです。

 

 そしてイスに座るころにようやく気付きます。

 

「他人を押しのけて勝ち取った幸せに、果たして意味はあるのか?」(スポーツや賞レースのような、勝ち負けが前提のものならいいですよ。ここはあくまで価値観の話であることをお忘れなく)

 

 イスに貼られたボロボロの紙には、殴り書きのように「幸せ」と書いてあります。

 

 ふと周りを見渡せば、イスに座り損ねた人達が、楽しそうに談笑しています。

 

 自分が追い求めていたものは、誰かに幸せと思い込まされていたものなのかもしれない。だったら幸せとは何かな。

 

 

 

 僕が思うに、イスをたくさん用意することだと思います。座れない人が、一人も出ないぐらいたくさん。

 

 

 

 

 「僕は、僕の価値観の合う人と一緒に座るけど、君は君で、価値観の合う人と一緒に座ればいいよ。いくつか空いてるイスも用意しておくから、いつでも友達を連れて遊びにくればいい。」

 

 そういう姿勢が、きっと対人関係を円滑にしていくんじゃないでしょうか。

 

 好きか嫌いかで人を判断するのではなく、近いか遠いかで判断する生き方。僕が思うに「嫌いな人」というのは、「本来あるべき距離感よりも近づいてしまった人」のこと。近づきすぎると相手に期待し過ぎて問題が起こる。お互いに距離のとりかたを覚えれば、嫌いな人なんていなくなるはずなんです。多分。

 

 ただ、この「お互いに」というのがとても難しいわけで…。

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

元教師が描く、教育現場のリアル!!

『静寂の音』Galleryにて公開中です。

 

 

 

「会いに来てくれる漫画家」始めました。

世界各国どこへでも行きます!詳細はコチラ

 

 

 

FacebookTwitter フォロー大歓迎です。

Please reload

人気の記事

ハラスメントの構造と対策について。

October 27, 2018

1/7
Please reload

最新記事