この記事をシェア

「プライドが高い」は本当か。

May 23, 2016

 自分はよく、目上の人から「プライドが高い」と言われるのだけど、自分には全くと言って良いほど自覚がなくて、それ故に直しようがないものだから、「どの辺りを見て、そう思われます?」と質問すると、「その質問自体がプライド高いよね」と言われ、全くもってチンプンカンプンなので、今日はプライドの高さについて考えてみた。

 

 自分にとって「プライドが高い」とは、「明らかな論理的破綻が見られるにもかかわらず、自分の非を認めないこと」を言う。自分は間違っていると感じたら謝ってるし、何なら間違ってなくても謝ったりするので、この意味での「プライドが高い」なら、完全に的外れな指摘だと言える。

 

 なので、おそらく僕に「プライドが高い」と指摘してくる人というのは、違う意味で使っているものと思われる。

 

「プライドが高い」と言われるのはどんなときか、自分の過去を振り返ってみると、思い当たるのは次の2パターン。

 

 

①相手からの決めつけに弁明したとき。

②相手の提案に異論を唱えたとき。

 

 

 まぁ、①に関しては、勝手な決めつけに対して、そうではないと弁明しているにもかかわらず、「プライドが高い」と言ってくるので、「結局プライドが高いのはあなたでしょう」ってことで一蹴できる。

 そもそも「プライドが高い」って言葉自体が決めつけであり、その弁明さえ「プライドが高い」と言われてしまえば、そこから人間関係の発展はない。こういうタイプの人は、人間関係の構築を面倒臭がってるだけなので、無視して良い。

 

 

 

 問題は②だ。相手に「こうしろ」と言われて、自分はそれに納得が出来なければ、その通りには動かない人間なんだけど、それは果たして「プライドが高い」ってことなのかということを考えてみたい。

 

 個人的には、人が行動するには「納得」が必要だと思ってる。「そうじゃないよ。取り敢えず動くことが大事だよ」という意見もあるけど、そういう人も「まずは動くことが大事」ということに納得している。

 

 自分は、元教師ということもあって、どうしても指導者側の立場で考えてしまいがちなんだけど、人を動かすことが、指導者の仕事である以上、人を納得させるのも指導者の仕事だと思ってる。もちろん、指導される側はされる側で、理解しようとする姿勢は大事だけど、経験や世の中に対する視野を考えると、どうしても限界がある。

 

 

 

 

 

 では、それをどう納得させるか。

 

 

 

 

 

 多分、

①その行動を起こした後のビジョンを明確にし、互いに共有すること

②その行動に対するリスク対策が充分であること

③もしくはそれに相当する信頼を築くこと

だと思う。③が充分であれば、②はなくてもいい場面もある。

 

 

 残念ながら、「まずはやってみろ」では人は動かない。

 あなたがそうであるように、人が動くためには納得が必要で、人を納得させるには、それなりの手間と時間がかかる。納得のないまま無理矢理やらせると、失敗したときに「あんたの言う通りにしたらダメだったじゃないか」と人間関係の破綻にも繋がりやすい。

 

 

 

 

 

 さて、ここまで読んだ上で考えて頂きたい。納得がなければ動かない人間とは、プライドの高い人間なのだろうか。

 

 

 

 

 「この文章自体がプライド高いよね」と思ったとしても、そう思うこと自体は自由。ただ僕は、自分の思い通りに動かない人間に対し、「プライドが高い」と思ったことは一度もない。きっとビジョンが見えてないか、リスクに対する信頼がないのだろうと考えて、対策を練り直す。

 

 ただそれだけのこと。わざわざ人間性を否定する必要なんてどこにもない。

 

 

 

 

 

 まぁでも、いろいろごちゃごちゃと書いたけど、「プライドが高い」を連発する人は、単純に理屈っぽい人間が嫌いなだけなんだろうな(笑)

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

元教師が描く、教育現場のリアル!!

『静寂の音』Galleryにて公開中です。

 

 

「会いに来てくれる漫画家」始めました。

世界各国どこへでも行きます!詳細はコチラ

 

 

フリーの編集者や、情報交換できる作家を募集しています。従来の漫画家がやってこなかった仕組みを作りませんか?詳しくはコチラ

 

 

 

FacebookTwitter フォロー大歓迎です。

 

Please reload

人気の記事

ハラスメントの構造と対策について。

October 27, 2018

1/7
Please reload

最新記事