この記事をシェア

思い上がることと、自信を持つことの違い。

June 5, 2016

 自分はかなり自己肯定感の高い人間で、いや〜ほんと自分のことは天才だと思ってるんだけど、自信満々の発言をしていると、「自信を持ち過ぎないほうがいいよ」と忠告を受けることがある。

 

 確かに自信を持つことで行動が大胆になり、失敗したときのリスクも大きくなるんだけど、総合的に見れば、本来ならば辿り着けなかった場所にまで到達出来たり、発言そのものに説得力が増したりして、プラスに作用することのほうが多い。妬む人間も増えたりもするんだけど、人の足を引っ張る人間というのは、その人自身が不幸の渦中にいる人なので、正面から向き合う必然性はほとんどない。

 

 自分は子供の頃から「自信を持ちなさい」と育てられてきたので、この忠告の意味がずっとわからなかった。

 

 でも多分、ここでいう「自信を持ち過ぎないほうがいい」という言葉の意味は、「思い上がらないほうがいい」という意味なんだと最近気付いた。

 

 では、「自信」と「思い上がり」の境界は何なんだろう?ってことを考えたんだけど、多分、「自信」とは「実力と等身大の自己肯定」のことで、「思い上がり」とは「実力を上回る自己肯定」のことなんじゃないか。

 

 

 

 

 じゃあ、実力って誰が判断するんだろう?

 

 

 

 

 例えば、デビューはしてるけど、連載は持っていない作家は、連載作家から見ればまだまだ実力不足で、だけど、デビュー前の作家から見れば、実力のある人だと言える。

 

 

 

 

 つまり、実力とは相対的なもので、見る人によって全然違う。

 

 ってことは、「実力と等身大の自己肯定」と「実力を上回る自己肯定」も見る人によって変わる。

 

 

 

 

 同じ人物を見ても、「自信のある人だ(肯定)」と捉える人もいれば、「思い上がってる人だ(否定)」と捉える人もいる。当たり前の話なんだけど。

 

 

 

 

 だったらもう、そういうの面倒臭くないですか?万人受けするように自分をコントロールしていると、何も行動できなくなる。

 

 自分は自分の生きたいように生きるので、肯定も否定も自由にしてもらっていい。

 

 

 

 

 多分これが、自信を持って生きるってことなんだと思う。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

元教師が描く、教育現場のリアル!!

『静寂の音』Galleryにて公開中です。

 

 

「会いに来てくれる漫画家」始めました。

世界各国どこへでも行きます!詳細はコチラ

 

 

フリーの編集者や、情報交換できる作家を募集しています。従来の漫画家がやってこなかった仕組みを作りませんか?詳しくはコチラ

 

 

 

写真加工で漫画の背景を作る技術、教えます。詳しくはコチラ

 

 

 

FacebookTwitter フォロー大歓迎です。

Please reload

人気の記事

ハラスメントの構造と対策について。

October 27, 2018

1/7
Please reload

最新記事