この記事をシェア

古人も多く旅に死せるあり。

June 27, 2016

 10代はすぐ終わると言うけれど、自分が10代のときにはなかなか気付けないもので、それは多分、一生を、かけて成し遂げたいものがまだ見つけられてなかったからなんだと思う。

 

 大人になり、一生をかけて成し遂げたいものが見つけた後で振り返ると、人生で最も鋭い感覚を持っていた時期を、無駄に過ごしていたことに気付き、何ともやるせない気分になる。

 

 いや、それどころか、人生はあまりにも短いことに気付いてしまう。

 

 僕は世の中の教育システムを変えたいし、漫画も描きたい。英語もしゃべれるようになりたいし、ギターやピアノや歌も上手くなりたい。読みたい本や観たい映画も山ほどあるし、海外にも行きたし、いろんな人と異文化交流したい。恋愛もしたいし、結婚して子供も育てたいし、起業したいし、学校も作りたい。

 

 とてもじゃないけど、人生100年じゃ短すぎる。1000年生きたい。だけどきっと、900年ぐらい生きたらもっと生きたくなって、1万年生きたいとか言い出すんだろうと思う。

 

 有名な言葉に「少年の一日は短く、一年は長い 。老人の一日は長く、一年は短い。」というのがある。以前は言葉のまま捉えてたけど、多分「少年=成長過程にある者、老人=成長をやめた者」って意味なんだろうな。

 

「月日が経つのは早い」と思ったときは危険だと思ってる。何かに没頭してる日々は、決して早くは進まない。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

元教師が描く、教育現場のリアル!!

『静寂の音』Galleryにて公開中です。

 

 

「会いに来てくれる漫画家」始めました。

世界各国どこへでも行きます!詳細はコチラ

 

 

フリーの編集者や、情報交換できる作家を募集しています。従来の漫画家がやってこなかった仕組みを作りませんか?詳しくはコチラ

 

 

写真加工で漫画の背景を作る技術、教えます。詳しくはコチラ

 

 

 

FacebookTwitter フォロー大歓迎です。

Please reload

人気の記事

ハラスメントの構造と対策について。

October 27, 2018

1/7
Please reload

最新記事