この記事をシェア

不器用であることを言い訳にしているうちは勝てない。

August 28, 2016

 「自分は不器用だから、人の3倍努力する」って言う人をよく見かけるけど、1日は24時間しかないし、長期的視点で、身体や心を壊さないようにするためには、食事や睡眠時間の確保も重要なので、人の3倍努力するなんて、実質的に不可能だ。

 

 仮に器用な人が1日8時間努力していたとして、不器用な自分がその3倍の努力をするとなると、1日24時間努力しないといけない。食事や睡眠も確保できないし、何より身体もメンタルも一瞬でぶっ壊れるだろう。人間というのはそんなに丈夫に出来ていない。

 

 残念ながら、プロの世界というのは、「器用な人」が1日に十数時間もの時間を仕事に費やしている。特にクリエイティブな世界は365日休みを取らないなんて人もざらにいる。そんな中で、「無器用な自分」が「人の3倍努力する」というのは、目標設定自体が間違っている。

 

 そもそも他人が自分の3分の1しか努力してないって思ってることが、人を舐めてるってことだ。不器用だと思うなら、器用になる方法を模索しないと。

 

 

 つまりは時間の切り売りをしている時点で人には勝てない。勝つ人は、余裕綽々で仕事をしている。私はずっと時間を切り売りするスタイルだったけど、最近それではダメだということに気付いた。時間には限界があるので、切り売りしている時点で、収入の上限が決まってしまう。これからは、切り売りではなく、価値を生み出す方向にシフトチェンジしていく。そして、2〜3年を目処に好循環する方向へ持っていく。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

元教師が描く、教育現場のリアル!!

『静寂の音』Galleryにて公開中です。

 

 

Facebookの眞蔵修平 個人アカウントでは、スパム以外の全ての友達申請を承認しています。 

 

 

「会いに来てくれる漫画家」始めました。

世界各国どこへでも行きます!詳細はコチラ

 

 

ライター、講演のお仕事承ります。詳しくはコチラ

 

 

フリーの編集者や、情報交換できる作家を募集しています。従来の漫画家がやってこなかった仕組みを作りませんか?詳しくはコチラ

 

 

写真加工で漫画の背景を作る技術、教えます。詳しくはコチラ

 

 

Facebook(著者ページ)Twitter で最新記事をチェックできます。フォロー大歓迎。

Please reload

人気の記事

ハラスメントの構造と対策について。

October 27, 2018

1/7
Please reload

最新記事