この記事をシェア

私たちはいかにして教育現場を変えていくか。

September 22, 2016

 先日、自分と同じく教育現場を去った人と深く話す機会があった。その時に、「教育現場に絶望すると、『システムを変えよう』と思う人と、『システムからはみ出してしまった人に手を差し伸べよう』と思う人にわかれるよね」という話になった。ここでいう「システムからはみ出してしまった人」というのは、いわゆる弱者のこと。いじめられっ子だったり、不登校児だったり、現存のシステムでは手助け出来ない人のこと。

 

 人生は有限で、1日は24時間しかなくて、普通に生きていればそのどちらかを選ぶしかなくて、教育者というのは何とも歯痒いものだなと思った。

 

 当たり前だけど、後者の場合は、システムの外側で活動することになるので、仕事としては成立しにくい。教育現場に入った時は、みんな弱者の味方になろうと思っていたはずなのに、現場を知るにつれて、自分一人ではどうにもならないことを体感していく。そして、システムを変える方向に動き出した自分に、弱者へ手を差し伸べる時間がないことに気づき、「このままでいいのだろうか」と後ろを振り向きながら、ちょっとした良心の呵責を感じたりする。

 

 私が教育漫画を描くのは、教育現場を変えたいからだ。だけど、弱者に寄り添う気持ちも忘れたくはない。

 

 

 

 

 そんな自分が、本気で教育現場を変えようと思っている人たちと出会い、本気で教育現場を変えるプロジェクトに参加している。自分の描いたイラストが、文部科学省を動かすきっかけになるなんて、思ってもみなかった。

 

 今、教育現場が閉鎖的なのは、教員が忙しすぎて、外部との繋がりを持てないからだ。本来なら外部に委託して、業務を軽減する方法なんていくらでもあるはずなのに、繋がりや知識がないがために、どうすることもできない状態にある。

 

 そんな状況を見て、私たちはまず、繋がりを作ることが重要だと考えた。現役の教職員が、教育委員会や、議員の人たちと繋がり、今後の教育現場をどう変えていくかを話し合う場が必要だと考えた。

 

 

 

 

 

 

 「超」職員会議2016

 

 

 

 

 

  私たちは、ここから教育現場を変えていく。

 

 

 

 

 

 

※「超」職員会議のポスターを描かせて頂きました。崩壊寸前の教育現場で、戦う教師をイメージしました。

 

日時

平成28年9月24日(土)13時~17時
 

会場

Fin GATE (東京メトロ茅場町駅徒歩1分)
東京都中央区日本橋茅場町1-6-12 茅場町共同ビル1階

 

参加費

事前振込 一般 3,500円(税込)
当日 一般 : 4,000円(税込)

事前・当日 学生 : 2,000円(税込)

*当日受付、運営をスムーズ進めるため、事前お振込みにご協力をお願い致します。

 

振込先口座:
みずほ銀行(0001)銀座支店(035)普通預金2805742
口座名義:ミテモ(カ

※手数料ご負担ください。

 

参加対象

全国の小中高教職員・学校教育に携わっている方、教育委員会の方、
教育課程を履修中の学生、議員・報道関係者の方

 

募集人数

120名

 

http://choshokuinkaigi.info/

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

9月23日に京都で登壇します。

こちらは超職員会議とは別のイベントです。ご注意下さい。

テーマは「他人事になってませんか?教育現場の現状と構造改革への道」

 

■平成28年9月23日(金)

■ハートピア京都第3会議室(地下鉄丸太町直結)

■18:00受付 18:30開始 20:30まで

■4,000円 以後、懇親会有り(4,000円)

■先着限定 25名

 

■詳しくはこちら ↓

http://ameblo.jp/kyoto-ttp/entry-12193913088.html

 

 

 

 

 

元教師が描く、教育現場のリアル!!

『静寂の音』Galleryにて公開中です。

 

 

Facebookの眞蔵修平 個人アカウントでは、スパム以外の全ての友達申請を承認しています。 

 

 

「会いに来てくれる漫画家」始めました。

世界各国どこへでも行きます!詳細はコチラ

 

 

ライター、講演のお仕事承ります。詳しくはコチラ

 

 

フリーの編集者や、情報交換できる作家を募集しています。従来の漫画家がやってこなかった仕組みを作りませんか?詳しくはコチラ

 

 

写真加工で漫画の背景を作る技術、教えます。詳しくはコチラ

 

 

Facebook(著者ページ)Twitter で最新記事をチェックできます。フォロー大歓迎。

 

 

Please reload

人気の記事

ハラスメントの構造と対策について。

October 27, 2018

1/7
Please reload

最新記事