この記事をシェア

傷つけられることさえも、ポジティブに捉えようと思った。

January 16, 2017

 少し前まで、怒りを撒き散らしてる人は、不幸の渦中にいる人で、周囲を巻き込んで不幸になろうとする人だから、極力距離を置いたほうがいいと思ってた。今でも、基本的にはそう思ってるんだけど、じゃあ、その怒りを撒き散らしてる人が、自分にとって大切な人だったらどうだろうか。

 

 人は自分が苦しんでいること、もしくは苦しんできたことを他者に強要する。虐待を受けてきた人が、自分の子供に虐待をするのはまさにその典型で。時間を守らされて生きてきた人は、時間にルーズな人を許せないし、自立を求められてきた人は、甘える人を許せない。

 

 だったら、誰かが怒りをぶつけてくるのは、その苦しみを(もしくはその人が大切にしているものを)、共有しようとしているということなのかもしれない。私が傷つけられたことで、その人の心の傷に、触れられたということなのかもしれない。

 

 そう考えれば、他者理解という意味でとてもいい機会だということにならないだろうか。

 

 怒りにさえも敬意を払おう。そう思った。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

元教師が描く、教育現場のリアル!!

『静寂の音』第2話公開中です。

 

 

作画スタッフ募集中です。

締め切りの強要、残業等一切ありません。労働基準法遵守。

おそらく、労働条件としては、業界内でも相当いいほうだと自負しております。ホワイトな環境で働きたい方、労働において人間関係を重視する方大歓迎。詳細はコチラ

 

 

Facebookの眞蔵修平 個人アカウントでは、スパム以外の全ての友達申請を承認しています。 

 

 

「会いに来てくれる漫画家」始めました。

世界各国どこへでも行きます!詳細はコチラ

 

 

ライター、講演のお仕事承ります。詳しくはコチラ

 

 

フリーの編集者や、情報交換できる作家を募集しています。従来の漫画家がやってこなかった仕組みを作りませんか?詳しくはコチラ

 

 

Facebook(著者ページ)Twitter で最新記事をチェックできます。フォロー大歓迎。

Please reload

人気の記事

ハラスメントの構造と対策について。

October 27, 2018

1/7
Please reload

最新記事