この記事をシェア

日大の前監督、コーチの会見全文を読んだのでそのことに関して。

May 26, 2018

 もう、言っている内容の真偽はともかく、私の印象としては、とてもレベルの低い話だなぁと。要はこの指導者達は、「選手を追い込む」という指導方法しか知らんのだ。

 

 パワハラ問題や体罰問題、ひいては幼児虐待が起こった時に、私はいつも言及しているのだけど、厳しさとは、あらゆる指導方法の中の一つの手段にすぎず、ましてや、それらは「刺激」であるため、何度も繰り返してるうちに、指導者側も、指導される側もその刺激に慣れてしまい、どんどんエスカレートしていき、最終的に大切な何かを壊してしまう。

 

 仮にこの指導方法がうまくいき、選手がその能力を開花させたとしても、結局その選手は、追い込まれなければ伸びなかったという意味で、やっぱりレベルが低い。

 

 とはいえ、人生における理不尽さが、人を大きく成長させるという事実は、心理学の世界でも証明されているので、私は厳しさを全否定するつもりはない。ただ、それは選手と同意の上で、なされなければならないと思っている。期間や程度、人格否定までを許容するのか等、選手と話し合った上で指導方針を固める必要があり、選手が音をあげれば、いつでも解除できる指導でなければならない。日大の前監督は、宮川選手とほとんどコミュニケーションを取っていないと会見の中で述べていた。要はその程度なのだ。

 

 「いやいや、そんなに甘い世界では、競技レベルが下がってしまう」という意見もあるかもしれない。確かに厳しい環境の中でしか能力を開花できない選手は消えていくかもしれないが、逆に今まで潰されてきた選手たちの能力が開花するので、競技全体のレベルで言えば、私は今までと同じか、それ以上に上がると思っている。

 

 私は、何か一つのスキルを身につける上で、最も重要なものは、モチベーションであると思っている。モチベーションが壊れてしまうような指導はしてはいけないし、自分で自分を追い込むときであっても、自分のモチベーションが壊れない範囲を自分で把握できていなければならないと思う。

 

 だから、私は基本的には自分で締め切りを設定できる仕事しか受けないし、「今日は描きたくないなー」と思う日は描かない。逆に機嫌よく仕事できる環境をいかに作るかを考えている。そうしなければ、仕事を嫌いになってしまうからだ。嫌いな仕事をやらなければならないほど、苦痛で無駄な時間の過ごし方を私は知らない。

 

 「好きでもない仕事で結果を出せるほど、甘い時代じゃない」と言ったのは、確かキングコングの西野さんの言葉。

 

 漫画の世界でも、スポーツの世界でも、ブラック企業であっても、今回のような問題が起こる業界や組織は、共通して権力が一点に集中してしまうシステムになってしまっている。王様になってしまった指導者は、自ら学ぶことをやめてしまい、今でも30〜40年前の指導方法にすがっている。

 

 だったら、それを打破するためにはどうすればいいのか。漫画家が編集者を選ぶことである。選手が監督を選ぶことである。部下が上司を選ぶことである。そうやって、権力が分散される仕組みを作っていかなければ、この手の話は永遠になくならない。

 

 そして最後に。私は教育学とは全人類に必須の学問だと思っている。上司と部下だったり、先輩と後輩だったり、親と子だったり、人生において、人は必ず誰かを指導する立場を経験する。教育の知識がない人間が、その立場になったとき、どうなってしまうかは、今回の事件で明らかだ。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

元教師が描く、教育現場のリアル!!

静寂の音第1〜2話無料公開中です。

第3話は
noteにて有料販売中(22ページ100円)

不登校生の支援活動始めました。自宅を開放しています。学校や会社に行きたくない日はうちに遊びに来てください。詳細はコチラ

 

作画スタッフ募集中です。

締め切りの強要、残業等一切ありません。労働基準法遵守。

おそらく、労働条件としては、業界内でも相当いいほうだと自負しております。ホワイトな環境で働きたい方、労働において人間関係を重視する方大歓迎。詳細はコチラ

 

 

Facebookの眞蔵修平 個人アカウントでは、スパム以外の全ての友達申請を承認しています。 

 

 

「会いに来てくれる漫画家」始めました。

世界各国どこへでも行きます!詳細はコチラ

 

 

ライター、講演のお仕事承ります。詳しくはコチラ

 

 

フリーの編集者や、情報交換できる作家を募集しています。従来の漫画家がやってこなかった仕組みを作りませんか?詳しくはコチラ

 

 

Facebook(著者ページ)Twitter で最新記事をチェックできます。フォロー大歓迎。

Please reload

人気の記事

ハラスメントの構造と対策について。

October 27, 2018

1/7
Please reload

最新記事