この記事をシェア

吉澤ひとみのひき逃げ事件に見る、精神疾患の可能性。

October 5, 2018

松本人志、吉澤ひとみ被告に「常習と思ってしまうし、性格的にだらしない」

私はこの事件、かいつまんでしか追いかけてないし、事件の動画は衝撃だったし、全然彼女のことを擁護するつもりもないのだけど、「酒を飲んで仕事に向かう」こと、さらにそれが「常習」だったと仮定するなら、それはだらしないのではなく、日常的に何かしら精神的に追い詰められていたのではないかと、私なら想像します。

 

人が異常な言動をするとき、二つの可能性があると考えます。

 

①異常な人が異常な言動をした。
②正常な人が、異常な言動をしてしまうような状況下にあった。

 

その人の性格に問題があると思うのは簡単ですが、世の中に異常な性格の人間なんてあんまりいない(と私は思っている)し、仮にそうだったとして、18年も芸能界でやってこれなかったと思うので、精神疾患と想定するほうが自然だと思うからです。

 

例えば、誰でも、睡眠不足であったり、空腹であったりすると、普段より怒りやすくなったり、仕事のミスが増えるように、人間の人格や性格なんてものは、決して絶対的なものではなく、その場の状況や環境によって揺らぎ、大きく変化していきます。

 

それが精神疾患であれば、その振れ幅も大きい。

 

そう考えると「性格」って何でしょうね。自分自身を鑑みても、今の自分と3年前の自分、さらには10年前の自分も、全て別人かと思うほど変化しています。自分の過去のSNSの投稿を見て、全く共感できなかったり。

 

とはいえ、私も彼女と会ったことはないし、被害者の立場に立てば腹がたつのもわかります。

ただ、彼女にも救いの手が必要だったのではないか、とも思います。

人を叩く前に、その人の背景を、あらゆるパターンで想像できる社会になればいい。そう思います。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

元教師が描く、教育現場のリアル!!

静寂の音第1〜2話無料公開中です。

第3話、第4話は
noteにて有料販売中(22ページ100円)

不登校生の支援活動始めました。自宅を開放しています。学校や会社に行きたくない日はうちに遊びに来てください。詳細はコチラ

 

作画スタッフ募集中です。

締め切りの強要、残業等一切ありません。労働基準法遵守。

おそらく、労働条件としては、業界内でも相当いいほうだと自負しております。ホワイトな環境で働きたい方、労働において人間関係を重視する方大歓迎。詳細はコチラ

 

 

Facebookの眞蔵修平 個人アカウントでは、スパム以外の全ての友達申請を承認しています。 

 

 

「会いに来てくれる漫画家」始めました。

世界各国どこへでも行きます!詳細はコチラ

 

 

ライター、講演のお仕事承ります。詳しくはコチラ

 

 

フリーの編集者や、情報交換できる作家を募集しています。従来の漫画家がやってこなかった仕組みを作りませんか?詳しくはコチラ

 

 

Facebook(著者ページ)Twitter で最新記事をチェックできます。フォロー大歓迎。

 

 

Please reload

人気の記事

ハラスメントの構造と対策について。

October 27, 2018

1/7
Please reload

最新記事