この記事をシェア

人が逆境を乗り越えるまでの15段階。

October 10, 2018

 

 人が逆境を乗り越えるには15段階あるなぁと感じたので、ここに記しておく。


 以下の文章は、科学的根拠はまるでなく、あくまで個人的な経験を言語化したものだけど、私の周りの幸福度の高い人たちは、何かしら過去の逆境を乗り越え、その経験を生かした上で社会貢献しているので、一般的に当てはまるんじゃないかと思ってる。

 

1.自分の無力さに打ちひしがれる。この段階では自分を嫌悪し、場合によっては自分を価値のない人間だと思い込んでしまう。最悪の場合、ここで命を絶つ。

 

2.世の中や、自分の周りの環境を憎む。自分がこうなったのは周りのせいだ、社会のせいだと言い、場合によっては周りの人たち(自分を助けようとしてくれてる人も含む)を罵倒する。人間不信が最も高まるとき。自己嫌悪していた人が、社会を憎むようになるのは、回復の兆し。周りがそれに共感を示すことで、次のステージに上がりやすくなる。逆にここで「人のせいにするな」などと否定してしまうと、自己嫌悪が復活し、1に戻りやすくなる。

 

3.周りのせいにしていても、何も変わらず、自分ばかりが辛いだけだと悟り、世の中に絶望する。

 

4.心の傷が癒えてきて、少しずつ俯瞰的に自分が見えるようになる。確かにシステムや世の中の仕組みに甘いところはあったが、自分にも少しは落ち度があったと思えるようになる。ここでいう「落ち度」とは、悲壮感を伴う1のような状態ではなく、自分の未熟さを受け入れた上での、少し達観した視点。ここに自分の未熟さを受け入れらるかどうかの壁があり、自殺のリスクが高いのはこのあたりまで。

 

5.「だったら、自分にできることは何か」ということを考え始める。自分の内面をコントロールすることかもしれないし、世の中を動かすことかもしれないし、その両方であるかもしれない。このあたりから、自分が受けた心の傷は、武器になりうることに気付き始める。自分を癒すことと、自分と同じことで苦しんでる人を救うことは同義であると思えたら尚良い。

 

6.これまで、「恥ずかしいこと」と認識していた挫折を、自分の経験として素直に受け止め、他者に話すことに抵抗がなくなる。場合によっては、SNSで発信する。この段階では、自分はまだ悲劇のヒロインであり、愚痴っぽい投稿になりがち。

 

7.少しずつ共感者が生まれ始め、辛い思いをしたのは自分ばかりではないことに気付き始める。

 

8.共感者を増やそうと思い始める。だったら、愚痴っぽい言葉よりも、ポジティブな言葉を使ったほうがいいことに気づく。

 

9.発信する言葉に変化が見られる。SNSの場合、それがなお顕著に表れる。

 

10.自らの言葉の変化により、内面も変化していく。自分の言葉に自分も癒される感覚。あの経験を乗り越えた自分には、人を救うだけの力があると信じ始める。

 

11.人を救おうと行動に出る。人を救うために自ら能動的に、周りに協力を求めるようになる。

 

12.救った人から感謝される。感謝されることによって、最も苦しかったころの自分も救われた気持ちになる。

 

13.少しずつ自分を傷つけた人や環境を許せるようになる。

 

14.かつてはあんなにも強大で、自分の人生を脅かした事件が、いつの間にか矮小化したものになり、逆境を乗り越えた自分のメンタリティや、それを支えてくれた人を俯瞰的に見て、「あぁ、もう人生でどんな逆境が訪れたとしても、自分は大丈夫だ」と自信を持てるようになる。

 

15.想像を越える逆境が訪れる。→1に戻る。が、1周目を経験しているので、余裕でこのサイクルを回しながら乗り越えられる。

 

 世の中の7〜8割ぐらい人は1〜3をぐるぐるし、多かれ少なかれ自分や世の中を憎みながら生きているんじゃないか。憎しみを捨て、全てを受け入れた上で、「さぁ、ここから自分にできることは何か」を考えられる人だけが、次のステージに上がることができる。

その反面、8〜9段階ぐらいの人を見ると、孵化する直前の卵を見てるような、不思議な気分になる。「あぁもう少しだ」と温かい気持ちになる。私が手を差し伸べるのは、この段階に到達した人から。それよりも前の段階の人を、素人が救おうとするのは危険だと思ってる。できればプロに任せておいたほうがいい。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

元教師が描く、教育現場のリアル!!

静寂の音第1〜2話無料公開中です。

第3話、第4話は
noteにて有料販売中(22ページ100円)

不登校生の支援活動始めました。自宅を開放しています。学校や会社に行きたくない日はうちに遊びに来てください。詳細はコチラ

 

作画スタッフ募集中です。

締め切りの強要、残業等一切ありません。労働基準法遵守。

おそらく、労働条件としては、業界内でも相当いいほうだと自負しております。ホワイトな環境で働きたい方、労働において人間関係を重視する方大歓迎。詳細はコチラ

 

 

Facebookの眞蔵修平 個人アカウントでは、スパム以外の全ての友達申請を承認しています。 

 

 

「会いに来てくれる漫画家」始めました。

世界各国どこへでも行きます!詳細はコチラ

 

 

ライター、講演のお仕事承ります。詳しくはコチラ

 

 

フリーの編集者や、情報交換できる作家を募集しています。従来の漫画家がやってこなかった仕組みを作りませんか?詳しくはコチラ

 

 

Facebook(著者ページ)Twitter で最新記事をチェックできます。フォロー大歓迎。

Please reload

人気の記事

ハラスメントの構造と対策について。

October 27, 2018

1/7
Please reload

最新記事