この記事をシェア

「マインド・コントロール」レビュー。

October 26, 2018


 久々に異常心理学の本。めちゃくちゃよかった。自分自身を洗脳から守るという意味でも、役立つ本。

 

 ただ一つ気をつけて欲しいのは、この本の内容は悪用できてしまうということ。確固たる良心を持ってる人のみにオススメする。

 

 この本によれば、

 

①外部の世界からの遮断
②視野を一点に集中させること

 

が、洗脳の条件なんだそうだ。意図してるかどうかはともかくとして、いわゆるブラック企業が、利益追求のみを目標に掲げ、余暇を楽しむ暇もないほど従業員に残業させるのは、非常に洗脳が起こりやすい環境と言える。

 

 そう考えると、企業だけでなく、学校や家庭でも洗脳はとても起こりやすい。交友関係が狭く、一つのことに没頭してる人も、洗脳されやすいということになる。

 

 そして、最も興味深かったのが、パブロフの発見について。

 

 パブロフは、条件付け(犬に餌を与える前にベルを鳴らす習慣をつけると、餌を与えなくてもベルの音だけでヨダレを垂らすようになる)で有名だけど、実験室が洪水に合い、犬が溺れて死にかけた後、実験を再開すると、条件反射の反応が消えていたんだそうだ。

 

 これは人間にも当てはまるんだそうで。

 

 一度洗脳された人間も、生命を脅かすレベルの極限状態に追い込まれると、洗脳が解除され、思考も振る舞いも180度変わる。思い込みや価値観も解除される。

 

 そういえば、私の周りの人でも、事故やうつ病で、生きるか死ぬかの極限まで追い込まれた後、人生が劇的に好転した人は多い。

 

 人が生まれ変わるには、圧倒的に理不尽な環境が必要で、でも時代的には理不尽な環境は排除していく方向に向かっているから、今の若い子たちが、人生を劇的に好転させるのは、難しい時代になるんじゃないかと妄想した。

 

 そうなると、理不尽を設計する企業が現れて、人はお金を払って理不尽な環境を求めるようになるんだろうか。

 

 あぁ、でもそれこそが洗脳だよなぁと。


※画像クリックで販売サイトに飛びます。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

元教師が描く、教育現場のリアル!!

静寂の音第1〜2話無料公開中です。

第3話、第4話は
noteにて有料販売中(22ページ100円)

不登校生の支援活動 "Lennon's Loupe " 始めました。自宅を開放しています。学校や会社に行きたくない日はうちに遊びに来てください。詳細はコチラ

 

作画スタッフ募集中です。

締め切りの強要、残業等一切ありません。労働基準法遵守。

おそらく、労働条件としては、業界内でも相当いいほうだと自負しております。ホワイトな環境で働きたい方、労働において人間関係を重視する方大歓迎。詳細はコチラ

 

 

Facebookの眞蔵修平 個人アカウントでは、スパム以外の全ての友達申請を承認しています。 

 

 

「会いに来てくれる漫画家」始めました。

世界各国どこへでも行きます!詳細はコチラ

 

 

ライター、講演のお仕事承ります。詳しくはコチラ

 

 

フリーの編集者や、情報交換できる作家を募集しています。従来の漫画家がやってこなかった仕組みを作りませんか?詳しくはコチラ

 

 

Facebook(著者ページ)Twitter で最新記事をチェックできます。フォロー大歓迎。

Please reload

人気の記事

ハラスメントの構造と対策について。

October 27, 2018

1/7
Please reload

最新記事